無価値に価値を

昨日の続きです。

分かりますよね。水です。

最初は「日本にはない硬水」なんて言ってエビアンを売り出しましたが、今では日本の水を普通に売っていますもんね。

硬水だってちょっと勉強すればただカルシウムが少し多いだけって分かります。

言葉に騙されていますね。

ビール、お茶ならまだ違いが分かります。でも水って分かりますか?

どう差別化できますか?

さらに、知っていますか?「水道水」なんて言うのも売っているんですよ。

もはやミネラルウォータでもない。

さぁ、ここからが本題です。

次は何がきますか?

タダの水をコーラと同じ値段で売ってるんですよ。

何を売りますか?空気ですか?景色ですか?清涼音ですか?風ですか?光ですか?

水道水が売られているわけですから、水道水を売るセールス力以上のものが求められる世の中です。

何をどう売りますか?