柔らかいはうまい?

市場で肉を仕入れていたら「シャトーブリアン1080円」が目に留まりました。

おー、これがシャトーブリアンか~、ん?1080円?偽物?でも市場の肉屋で偽装はしないか。

鶏肉が100g38円で売っているから、まぁそれと比較したら150gくらいあるとは言え1080円は高い、故に本物か。

よし、買えない金額じゃない。ものは試だ。

恥ずかしながらシャトーブリアンという言葉を知ったのは今年でした(^^;

福岡でシャトーブリアンご馳走してもらった、一人前8000円だった。という話を聞いて。

何それ?みたいな(笑)

最初はシャトーブリアンという品種かと思ったら部位なんですね。

どれどれいつも通り表面だけ炙って激レアで食すか、と火にかけてひっくり返そうとすると、トングが肉に食い込みちぎれた・・・
え?ぼろぼろ?

そぉ~っとひっくり返して焼いて食べたら、なるほど柔らかいのか。めちゃめちゃ柔らかい。肉じゃないみたい。そして確かにうまい!

これはうまい!

でも、完食するころになると、ちょっと物足りない・・・

いきなりステーキのリブロースみたいに歯ごたえが欲しい・・・

シャトーブリアンにはまだ早かったか~(笑)

次の記事

むむ