セールス

初めてセールスの世界に入ったのは22歳の時の英会話でした。

自分がそこの英会話で教わって英語を身に付けたので、売ることはすごく簡単でした。

自分がどうやって英語を身に付けて海外に行ったか、なぜこの英会話学校が好きなのか。

高額商品が毎日面白いように売れていきました。

入社したばかりなのにボーナスももらえるし最高に楽しかったです。

倒産するまでの3ヵ月間は(笑)

倒産の話しはまた別の機会にするとして、その後に今の電気業界に入りました。

この業界のセールスは撃ムズでした。

この業界のセールスを英会話の業界に例えると、お客さんは英語圏の大学を出て、会社でも英語を駆使し、英語ペラペラなんだけど、自分は他の仕事に集中したいから代わりに話せる?みたいな業界です。

大学で工学博士になり、企業で研究開発をし、自分でも設計はできるけど研究に集中したいから設計して。

つまりお客様の方が情報量も技術力も上なんです。

しかも売っているものが目に見えない設計。試食したり、試乗したり、試着したりできない。

数十万、数百万円の設計を僕の言葉だけで信頼して購入してもらう。

そしてカメラメーカーに行けばカメラの専門用語、測定器メーカーに行けば測定器の専門用語、ICメーカーに行けばICの専門用語。

数年は胃痛と腹痛との戦いでした。

今思えばよく辞めなかったなと思います。

入社する前は1年くらい働いてオーストラリアにワーキングホリデーに行こうと思っていましたが

なぜかこんなにきついセールスを続けていました。

なぜこんな話をしたかと言うと、難しいセールスほど他の業種にも通用するということを書きたかったのです。

長いのでまた明日にします。