精神と時の部屋

また脱線します。

ゴルフの世界選手権、PGAツアーもコロナの影響で3か月間中止になっていました。

そして再開してびっくり。

ある選手は体重が17キロ増えてめっちゃマッチョになっていて、ある選手は体重が25キロ落ちてめっちゃスリムになっていて、各々別人になっていました。

ゴルフって、たまーーーーに太ってる人がいて、それはもうアスリートとして論外、退場、観たくもありませんが、小太りくらいはちらほらいて、許してあげて欲しいんです。

というのも、毎週世界中のあちこちで大会をしていて、1日目は移動、2日目はコースの確認と練習、3日目はチャリティとスポンサーや著名人とのプレイ、4~7日目が試合。これを繰り返します。

野球のように一試合で4回だけバットを振って、休みが多いスポーツなら筋トレしても大丈夫ですが、ゴルフの場合は筋トレして回復するまでの時間が足りないんです。しかもドライバー以外の全てのクラブは力を使わずにコントロールが必要なため、筋肉痛や筋肉疲労があるとスイングに影響がでます。パターなんて赤子に触れるくらいソフトタッチですから、ピアノニストくらい繊細なタッチが求められます。

ですからランニングやショット練習くらいで強度が強いトレーニングはできません。

そんな彼らが3ヵ月中止になるとどうなるか・・・

なるほど、やっぱりトップアスリートですね。黙ってだらだらなんて過ごさない。

体重の増減だけではなく、スイングを大幅に変えている選手もいますし、みんな進化しています。

たまにぽっちゃりを見かけるから、ゴルフってスポーツとして認められるのかなってすごい悲しかったんですけど、世界を舞台に戦うトップアスリートはやっぱりすごかった。

みんなパワーアップして帰ってきた。

スポーツ選手とか芸能人の仕事って、それを演じることじゃないんですよね。

一般人に夢を与えるのが仕事なんですよね。

だから、いつも「すごいな」て思わせて欲しい。

ありがとう。

前の記事

聖地3

次の記事

プロの会話