時代を超えて沁みる

最近、頭の中でTrue Loveが流れています。

中3の時にドラマのあすなろ白書を観て「大人の恋愛って大変だな」て思いながらこの曲を聴いていました。

この前、久しぶりにカラオケで歌ったら良い曲ですねー。

こんなにシンプルで素敵で儚い歌詞だったんですね。

歌詞が沁みます。

子供の頃から、作曲と作詞が同じ印税なんてアンフェアだと思っていました。

曲の方がはるかに価値があるでしょ、て思っていましたが、詞も響きますね。

だらだらとストーリーを語っていなく、自分なりのストーリーを設定できる歌詞が絶妙です。

前の記事

精神安定剤

次の記事

一流の理由